PRODUCEシリーズ(プデュ)の順位操作で落ちたメンバーまとめ!現在の状況は?

今回は、PRODUCEシリーズ(プデュ)の順位操作で落ちたメンバーについて紹介したいと思います。

現在人気のアイドルサバイバルオーディション番組ですが、その火付け役ともなった大人気番組PRODUCEシリーズですが、順位操作が行われていたことが発覚し、PRODUCE X 101から誕生したボーイズグループ「X1」は解散することとなりました。

そして、先日そんな順位操作のために脱落してしまったメンバーが明らかになり、大変注目を集めています。

▼この記事は以下のことをまとめていますので、気になった方は読んでみてくださいね▼

①PRODUCEシリーズ(プデュ)の順位操作で落ちたメンバーって?
②PRODUCEシリーズ(プデュ)の順位操作で落ちたメンバーの現在の状況は?

これまで、韓国のPRODUCEシリーズは第4弾まで企画されましたが、それぞれ順位操作で落ちたメンバーについて調べてきました。

また、そのメンバーたちの現在の状況についても紹介していくので、ぜひ最後までお付き合いください。


Sponsored Links



PRODUCE 101

キム・スヒョン

キム・スヒョンは、5回目の放送で69位となり脱落となりました。

前回の順位発表では47位で22位も降格となったうえ、グループでのステージでも活躍していたこともあり、69位での放出は誰も予想していない事態となりました。

現在は、ドラマに出演するなど女優として活躍しているようです。

ソ・ヘリン

ソ・ヘリンも5回目の放送で65位となり脱落となりました。

現在は、YouTubeチャンネルを開設し、自身の日常などを発信しているようです。

Sponsored Links

PRODUCE 101 season 2

ソン・ヒョヌ

ソン・ヒョヌは5回目の放送で61位となり、脱落してしまいました。

現在はボーイズグループ「LIMITLESS」のメンバーとして活躍しています。

LIMITLESSには、同じくPRODUCE 101 season 2に出演していたチャン・ムンボクも所属しています。

カン・ドンホ

カン・ドンホは見事ファイナルまで残りましたが、13位として脱落してしまいました。

PRODUCE 101 seson2には、カン・ドンホを含めNU’ESTの4人のメンバーが参加し話題となりましたが、内1名ファン・ミニョンのみが見事Wanna Oneとしてデビューすることとなりました。

今回、順位操作で脱落したことが明らかになり、一部で「デビューしたくないために自主的に脱落となったのではないか」という心無い噂が出ましたが、所属事務所のプレディスエンターテイメントはデマであると公式にコメントしています。

ご存知の通り、現在もNU’ESTととして活躍しています。

Sponsored Links

PRODUCE 48

イ・カウン

AFTER SCHOOLの元メンバーで、PRODUCE 48に出演した際には、同じくAFTER SCHOOLの元メンバーのカヒがトレーナーとして出演し話題となりました。

実力や人柄が評価され見事ファイナルまで残留しましたが、残念ながら最終順位が14位で脱落となってしまいました。

しかし、実際は5位だったようで、投票操作がなければIZ*ONEのメンバーとしてデビューしていたということが分かりました。

イ・カウンは、プレディスエンターテイメントからHighエンターテイメントに移籍しており、ソロで音源を発表するなどの活動をしています。

ハン・チョウォン

ハン・チョウォンも、カウン同様にその実力の高さや人柄の良さで高い人気を得て、見事ファイナルまで残ることとなりました。

しかし、残念ながら最終順位は13位と発表され、デビューメンバー選抜を逃しました。

こちらも投票操作により、実際の順位は6位だったようで、投票操作がなければIZ*ONEとしてデビューする予定でした。

現在は、キューブエンターテイメント所属のハン・チョウォンは、映画などに出演し、デビュー準備中だそうです。

Sponsored Links

PRODUCE X 101

キム・グクホン

キム・グクホンはミックスナインにも出演したことのある練習生で、高い歌唱力など実力のある参加者として人気を集めました。

キム・グクホンは、11回目の放送で21位となり脱落しました。

しかし、実際は残留圏内だったようで、投票操作がなければファイナルまで残留していたこととなります。

現在は、同じくPRODUCE X 101に出演したソン・ユビンとのユニット「B Of You」として活躍しています。

イ・ジヌ

イ・ジヌは、練習生の中でも最年少として可愛らしい魅力を発揮し人気を集めました。

11回目の放送で22位となり脱落し、前回から11位もの降格で信じられない結果となりました。

しかし、こちらも投票操作によるもので、実際は残留圏内だったようです。

現在は、マル企画からデビューしたボーイズグループ「GHOST9」のメンバーとして活躍しています。

ク・ジョンモ

ク・ジョンモは、その端正な顔立ちから放送当初から高い人気を誇った練習生でした。

その人気から見事ファイナルまで残りましたが、12位となり脱落となりました。

しかし、こちらも順位操作によるもので、実際は6位だったようで、本来であればX1としてデビューするはずでした。

現在は、スターシップからデビューしたボーイズグループ「CRAVITY」のメンバーとして活躍しています。

イ・ジニョク

イ・ジニョクは、明るく誰にでも優しく責任感のある性格や、その実力の高さから人気を集めた練習生でした。

その人気から見事ファイナルまで残りましたが、11位となり脱落しました。

しかし、こちらも順位操作によるもので、実際は7位だったようで、本来であればX1としてデビューするはずでした。

現在は、ボーイズグループ「UP10TION」のメンバーであり、ソロでも活躍しています。

クム・ドンヒョン

クム・ドンヒョンは、可愛らしいビジュアルや性格、ボーカルやダンスのバランスの良さから人気を集めました。

その人気から見事ファイナルまで残りましたが、14位で脱落となりました。

しかし、こちらも順位操作によるもので、実際は8位だったようで、本来であればX1としてデビューするはずでした。

現在は目立った活動はありませんが、C9に所属していることが確認されています。

アンザルディ・ティモシー

アルザルディ・ティモシーは5回目の放送で、61位となり脱落しました。

しかし、順位操作が行われていたことが発覚し、本来であれば残留していたようです。

現在も、大手モデル事務所Esteemに所属しているようで、モデルとして活躍しています。

まとめ

今回は、PRODUCEシリーズ(プデュ)の順位操作で落ちたメンバーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

順位操作によって脱落してしまったメンバーのことを想うと、胸が痛みます。

今後の人生を左右すると言っても過言ではないほどの番組だっただけに、このような順位操作が行われていたことが残念でなりません。

順位操作により脱落、デビューメンバー入りを逃した練習生たちが今後報われることを願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください