BLACKSWANレアのプロフィールや経歴は?韓国の反応や実力はどうなの?

10月16日、5人組ガールズグループBLACKSWANがデビューしました。

2015年にデビューしたガールズグループRaNiaがグループ名を変え、メンバーを交代させて誕生したグループです。

韓国、ベルギー、ブラジル出身のメンバーからなる多国籍グループです。

今回は、今大注目のBLACKSWANのメンバー、レアについて紹介します!

プロフィールや経歴、韓国の反応などを調査しました!


Sponsored Links



BLACKSWANレアってどんな人?

レアのプロフィール

本名ラリサ・アユミ・カルテス・サカタ (Larissa Ayumi Cartes Sakata)
出身ブラジル・日本
生年月日2001年5月14日
担当マンネ、ビジュアル、リードラッパー、サブボーカル

元RaNiaのメンバー

BLACKSWANには元RaNiaのメンバーが3人いますが、レアもその1人です。

RaNiaでは、本名でもある「ラリサ」という名前で活動していました。

ちなみに、BLACKPINKリサの本名も、スペルは違いますが「ラリサ」なんです!

RaNiaは細かくメンバーチェンジを繰り返していましたが、レアは最終メンバーのうちの1人でした。

2019年9月に加入し、2020年6月にRaNiaが解散したので、レアがRaNiaのメンバーだった期間はわずか9ヶ月。

その上、RaNiaは2017年からカムバックしていなかったようで、RaNiaとしてのレアの活動はほとんどなかったと思われます。

RaNia時代からいたとはいえ、実質、BLACKSWANでデビューのような状態ではないでしょうか。

初のブラジル出身K-POPアイドル!

レアは、日本とブラジルのハーフです。

ブラジル出身のアイドルは、K-POPではレアが史上初となります!

レア本人も、このことについて

初のブラジル出身K-POPガールズグループのメンバーでデビューすることが夢のようです

とコメントしていました。

K-POP界に新しい風を吹かせてくれる存在となりそうですね。

4か国語を操る才女!

レアはビジュアルだけでなく、語学力にも長けています。

ポルトガル語、日本語、英語、韓国語の4か国もの言語を操るのだとか。

Sponsored Links

レアに対する韓国の反応は?

才能に大きな期待を寄せられている

レアに対する韓国の反応を見ると、その美しいビジュアルに加え、韓国語の上手さなど語学力も評価されているようです。

美しい

韓国語が上手

また、ダンスなどのパフォーマンスに関しても、どんどん良くなっているという声が多く、期待がうかがえます。

彼女はとても才能があり、彼女のキャリアですべてがうまくいくことを願っている

(ダンス動画を見て)レアの自信はどんどん大きくなっている

ますます成長していることが嬉しい

まだ19歳ですし、本当にこれからの成長が楽しみですね!

Sponsored Links

まとめ

BLACKSWANレアについて紹介しました!

神秘的で美しいビジュアルと抜群のスタイルを兼ね備えたレア。

語学力にも長けていて、世界進出も期待できそうですね!

レア自身も、「究極の目標は、先輩のBTSのように世界最高になること」と語り、既に世界を見据えています。

SNSなどのコメントを見ても、韓国語だけでなく様々な言語のコメントが寄せられているように見受けられました。

レアをはじめ、BLACKSWANは国際色豊かなグループということもあってか、世界中から注目されているようです!

またBLACKSWANというグループ名にも、「差別化された実力で歌謡界に挑戦状を叩き出し、唯一無二な世界的アイドルになる」という意味が込められているそう。

今後どれだけ大きくなっていくか楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください