MICHIRU|販売店や最安値を調査!効果なし・嘘などの悪い口コミがないか確認!【ドライスキンホワイトミルク】

今回は、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクについて紹介していきたいと思います。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクが購入できる販売店や、取り扱いのある通販サイトについて調査してきました。

その中で、最安値がどこなのか判明したので、説明していきたいと思います。

さらに、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクがどのような商品なのか、成分や効果など詳しい内容を調べてみました。

効果などの口コミも集めてみましたので、ぜひ最後までお付き合いください。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクの販売店はどこなのか?

まずは、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクがどこで購入ができるのかについて紹介していきましょう。

実店舗で購入ができるのか、通販サイトで取り扱いがあるのかについて調査してきましたので、詳しく説明していきます。

実店舗で購入できるのか?

今のところ、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクは実店舗での購入はできないようでした。

調査したところ、実店舗での取り扱いはなく、通販サイトでのみ購入が可能なようでした。

次の項目で、通販サイトでの取り扱いなどについて詳しく説明していきます。

通販サイトの取り扱いは?

実店舗での購入はできない「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクですが、通販サイトでは購入ができます。

現在、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクを取り扱っている通販サイトは、「公式サイト」のみです。

大手通販サイト「Amazon」や「楽天市場」での取り扱いは行っていませんでした。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクの最安値はどこ?

先ほど紹介した通り、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクを取り扱っている通販サイトは「公式サイト」のみですので、必然的に最安値で購入ができるのは「公式サイト」となります。

しかし、とてもお得に手に入れることが可能なので、価格について詳しく説明していきましょう。

「公式サイト」では、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクの定期コースを3つ用意してあります。

毎月コース

まず、「毎月コース」は、お試しで使用してみたい方におすすめのコースです。

初回2週間分50mlが、1,980円(税込)で購入ができます。

さらに、2回目以降は約2倍の容量(約1ヶ月分95ml)で、通常単品価格7,000円(税込)のところ、28%オフの4,980円(税込)で購入ができると大変お得です。

3ヶ月コース

続いて、「3ヶ月コース」は、しっかり実感したい方におすすめのコースです。

3ヶ月毎に、3本まとめてお届けするコースとなっています。

価格は、36%オフの1本あたり4,480円(税込)となり3本合計で13,440円(税込)と大変お得に購入が可能です。

半年コース

最後に、「半年コース」は、1番お得に試したい方におすすめのコースです。

半年に一度6本まとめてお届けするコースとなっています。

価格は、43%オフの1本あたり3,980円(税込)となり6本合計で23,880円(税込)と大変お得に購入が可能です。

3つのコースを説明しましたが、いかがでしたか?

どれも大変お得なコースですが、「半年コース」は43%オフで購入できる特にお得なコースであることが分かりました。

さらに、どのコースも送料無料です。

また、「定期商品」を注文した方限定で、180日間返金保証という安心の制度があります。

お肌に使うものなので、安心できますね。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクとは?

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルク(乳液)は、ヘパリン類似物質、GK2(抗炎症)、プラセンタエキスの3つの薬用成分が憧れの素肌に導く薬用化粧品です。

激しい乾燥肌と戦う、これ一本で極保湿、極美白が期待できます。

乳液とありますが、これひとつで、化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、ボディケアと、6つの役割を担ってくれる優れものです。

お肌は、激しい乾燥によるダメージでバリア機能が低下し紫外線やほこり、摩擦などの外的刺激から守る力が弱くなり、肌トラブルの引き金となってしまいます。

肌表面の角質がめくれることで内部の水分がどんどん蒸発し、更なる乾燥を引き起こしてしまいます。

そんなお肌の乾燥を「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクは、薬用成分で守ります。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクの特徴や支持される理由は?

激しい乾燥肌を、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクは薬用成分で守ります。

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクに含まれる成分や効果がこちらです。

ヘパリン類似物質

激しい乾燥肌による肌荒れを防ぐ薬用保湿成分。

ヘパリン類似物質は、体内に存在する「ヘパリン」というムコ多糖類と似た成分です。

年齢を重ねるごとに極端に減少し、保水機能が低下して肌のバリア機能が乱れることで、激しい乾燥肌を引き起こしてしまいます。

そのため、一時的な保湿とは違い、激しい乾燥肌の根本的な解決につながる成分です。

優れた保水機能が、乾燥肌を防ぎはd内潤いを与えるとともに、肌荒れに対する効果にも優れています。

GK2(抗炎症)

ニキビ、日焼けによる炎症を抑える。

強い抗炎症作用を持ちながら、刺激が少なく肌に優しい成分です。

ヘパリン類似物質と共に配合された薬用成分で、肌荒れやニキビ予防などに効果があり、肌を健康に保ちます。

プラセンタエキス

メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ。

プラセンタエキスには、シミのもとであるメラニンの合成にかかわる酵素「チロシナーゼ」の活性を阻害する作用と、メラニンの前段階であるドーパキノンがメラニンに変化するのを阻害することでメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ作用があります。

この薬用成分と、さらに、3つの美容成分も配合されています。

ヒアルロン酸

1gで6リットルもの水を抱え込むことのできる高い保水力が特徴です。

主に真皮の中に存在し、繊維状のコラーゲンやエラスチンと一体となって潤いとハリを生み出しています。

コラーゲン

アミノ酸が多数結合して作られ、細胞同士をつなぎとめる役割があります。

ヒト型セラミド

保湿力が高く、角質層の隅々を潤いで満たしてくれます。

また、スクワランという皮脂膜成分まで入った贅沢な乳液となっています。

スクワラン

スクワランは、私たちの肌にも存在している天然保湿成分で、肌に含まれる水分や汗と混ざりあって肌の表面に皮脂膜を形成し、激しい乾燥や紫外線のダメージから肌を守ってくれます。

実際に使用した方は、

「べたつかないのにしっとりして、っていうとありきたりだけど、この感動は言葉にできません!」

「超超乾燥肌が、こんなにぷるぷるに」

「顔だけでなく全身に使えるのがいいですね。」

「香りがしないからデコルテに塗っても気にならなくていいです」

「普通に塗るだけでOKだから超びっくり、手も爪の周りもしっとりすべすべ」

など、高い保湿効果など実感しているようでした。

こういった口コミが広がったことから、

・東洋経済ONLINE

・読売新聞オンライン

・現代ビジネス

・PRESIDENT Online

・財経新聞社

・ORICON NEWS

・産経新聞

・時事メディカル

・JOJO.COM

・&M

・eltha

・CREA

・VERY

・STORY ewb

・CLASSY.

・美ST

・暮らしニスタ

・ニコニコニュース

・BIGLOBEニュース

・exite.ニュース

・@niftyビジネス

・Rakuten infoseen News

など、多くのメディアにも取り上げられています。

まとめ

今回は、「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

「MICHIURU」ドライスキンホワイトミルクは、実店舗での販売はなく、通販サイトでのみ購入が可能でした。

通販サイトでは、現在「公式サイト」でのみ取り扱いが行われており、定期コースで大変お得に購入できることが分かりました。

こだわりの成分で、激しい乾燥から肌を守り、しっかりとした保湿、美白を期待できる商品だということがわかりました。

個人的にも、これ一本でスキンケアができるということで、大変重宝しそうだと感じました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください