I-LANDニキの韓国の反応は?あまり評判がよくなく地雷認定って本当なの?

みなさん、こんにちは。

2020年6月から放送が始まった観察型サバイバル番組『I-LAND』

韓国だけでなく、日本アメリカ台湾オーストラリアなど多国籍な出演者がそろっています。

そんな中、日本人であるニキについて今回は見ていきたいと思います。

韓国ではあまり評判が良くないとは、本当なのでしょうか。

また、地雷認定だという真相は?

など、『I-LAND』出演中のニキについて韓国の反応、日本の反応も含め調査していきたいと思います。


Sponsored Links



ニキについて

名前西村 力(にしむら りき)
出身日本
生年月日2005年12月9日
練習生期間8か月

ニキは2020年現在、弱冠14歳という年齢。

それにもかかわらず、『I-LAND』ではトップクラスのクオリティのダンスで他の出演者からも一目置かれている存在です。

以前には、SHINeeのキッズダンサー(バックダンサー)だったというから驚きです。

圧倒的なダンス

『I-LAND』全参加者の23人の中でも、視聴者が見てもそのダンスのうまさはとびぬけているようです。

地雷認定と言うのはなぜ?

そんなニキがなぜ地雷認定と言う人達がいるのでしょうか?

調査してみると、

:『I-LAND』1話で、自分を慕ってくる同じ日本出身のタキをルール上、脱落指名した

:(結果的に)ヒスンからセンターを奪う形になってしまい、ボーカルの弱さ、チームを率いる弱さが目立ちチーム全体の評価が下がり脱落した

上記の二つが主な理由だと考えられます。

1に関しては、タキを脱落指名しましたが、ダンスの実力がニキから見て不十分だと感じ、もっと上がってこれるはずだという希望をもって、ニキはタキをグラウンド(脱落)に指名したようでした。

これは、練習生時代を共に歩んできたニキとタキの二人の信頼関係ゆえにできたことだと思われます。

また、脱落指名されたタキは、その理由もちゃんとわかっています

2に関しては、初めにセンターだったヒスンの指導方法に、何人かのメンバーが不満の声を挙げ、その結果センターをしたかったニキが繰り上がりセンターになりました。

しかし、ボーカルの面や表情など審査員に指摘されすっかり自信を無くしてしまい、審査ではチームの評価を一気に下げてしまったのでした。

※ただ、エピソードを見てみると、明らかにニキに不利な演出編集がされており、ニキに悪意などは全くないと思われます。

編集により、ニキが悪役に成り下がっているように見えなくもないです。

Sponsored Links

日本の反応は?

ニキに対して賛否両論はあるようですが、努力している姿やメンバーに手取り足取りダンスを教えている様子など、見てる人はちゃんと見ているようです。

SNSでも暖かい言葉が多く見受けられました。

Sponsored Links

韓国の反応は?

韓国の反応はどうなのでしょうか。

訳:ニッキー地雷が多いのが悲しいㅠㅠ実力はあるけど…トレーナー先生たちがいないから、仕方なくそうするんだけど···。確かに性格は強いけど。。。 あんな子供が練習をリードすること自体に拍手をしたい。追手またアイランドに上がってきてください。

訳:ニキとセオンがみんなの地雷ってことがすごく面白い。
デビューしても
いつもへこみそう。

韓国も賛否両論のようですが、どちらかと言うと地雷だと言いだしているのは韓国のほうが多いように見受けられました。

ニキの韓国語もまだたどたどしく、表情も硬いため、本編の編集もあり勘違いされて誤解されているのかもしれません。

時折日本人同士の会話やしぐさを見ていると柔らかい話し方に、スキンシップをよくとる可愛らしさが見え隠れしているように思われます。

まだ若干14歳のニキは、文化の違いや言葉の壁などでも相当苦労しているのではと感じずにはいられない今回の炎上ではないでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は観察型サバイバル番組『I-LAND』に出演中の弱冠14歳のニキについて世間の反応などについて調査していきました。

初回から圧倒的なダンスの実力を見せてくれたニキ。

他の出演者もみな、一目置いている存在であることには間違いないようです。

しかし、少しの歯車のかけ違いが、グラウンドへと落とされてしまう結果になったのは見ていても胸が苦しくなるようでした。

世間の声も、特に韓国の反応では地雷だと炎上したようでした。

そんな中でも他のメンバーたちをダンスを指導したり14歳という年齢ながらしっかり引っ張っていく姿には、まだまだこれからの可能性を感じます。

今は炎上していても、今後I-LANDにのし上がってくる可能性は十分にあります。

まだまだどうなるかわからないので、悪評を立てず見守って応援していきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください