本田仁美の激やせは拒食症ではなくピラティスのし過ぎ?歴代の画像や動画で推移を比較!

IZONEの日本人メンバー、本田仁美の体型が心配されています。

あまりの激やせぶりに、拒食症を疑う声まで上がっているようです…。

本田仁美は、本当に拒食症になってしまったのでしょうか?

今回は、本田仁美が激やせした原因について調査しました!

また、今までどのぐらい体型が変化したのかも、画像や動画で比較していきます。

Sponsored Links



本田仁美がやせすぎと話題に

本田仁美のプロフィール

名前本田仁美(ホンダ ヒトミ/혼다 히토미)
出身日本 栃木県
生年月日2001年10月6日
血液型A型

本田仁美は、2018年10月29日にデビューしたガールズグループ「IZONE(アイズワン)」のメンバーです。

日本人メンバーの1人で、AKB48のメンバーとして活動していた経歴も持ちます。

「パントミ」が激やせ

本田仁美は、AKB48時代から可愛らしい丸顔で親しまれていました。

食べ物の「パン」+仁美の「トミ」で、「パントミ」というニックネームをつけられたほどです。

しかし、そんな本田仁美が、ここ数カ月で激やせしてしまったと話題に。

何があったのでしょうか?

あまりの細さに拒食症疑惑も…

本田仁美があまりにも細くなったことで、ネットでは拒食症を疑う声も出るように。

実際に食事制限していて、他のメンバーから心配されたことも明らかになっています。

また、体の細さに比べて顔はそこまで激変していないことから、過食嘔吐では?とも言われています。

過食嘔吐でやせると、顔はむくみなどにより、体に比べてやせない人も多いようです。

これは心配ですね…。

Sponsored Links

本田仁美の体型を比較!

①AKB48時代(2017年頃)

まずは、AKB48にいた頃の本田仁美を見てみましょう。

決して太っているわけではないと思いますが、健康的な印象です。

②IZONEデビュー後

次に、IZONEのメンバーとしてデビューした時の写真を見てみましょう。

こちらはデビューして間もなく、音楽番組「M COUNTDOWN」に出演した時の動画です。

そして、こちらが2019年3月頃の写真。

デビューから約半年の姿です。

特に脚が、けっこう細くなったように見えます。

色も白くなり、垢抜けたことからも、努力したことがうかがえますね。

しかし、まだ心配するほどやせているようには見えません。

③「BLOOM*IZ」カムバック(2020年2月頃)

本田仁美がやせすぎを心配され始めたのは、2020年2月~3月頃のようです。

IZONEは2月17日、1stフルアルバム「BLOOM*IZ」でカムバックしました。

カムバック中、音楽番組などで見せた本田仁美の姿が、注目の的になったようです。

腕のあたりがかなり細くなっていて、確かに少し心配になってしまいます。

ふっくらしていた顔も、肉が少なくなってきました。

④「Oneiric Diary (幻想日記)」カムバック(2020年6月)

6月15日、IZONEは3rdミニアルバム「Oneiric Diary (幻想日記)」でカムバックしました。

ここでも、どんどん細くなっていく本田仁美に心配の声が。

やせすぎて、逆に体型を隠す衣装になっているのでは?という意見もありました。

Sponsored Links

本田仁美が痩せた原因は?

ピラティスでしなやかな体つきに

本田仁美は、ピラティスをやっていることを公表しています。

すごい腹筋ですね!

ピラティスは、体幹やインナーマッスルを鍛えることに重点を置いた、エクササイズの一種です。

BLACKPINKのロゼやジェニも行っていることが知られています。

韓国では前から流行っているようです。

ピラティスをやると、女性らしいしなやかな体を作ることができるそうです。

筋トレも欠かさないストイックさ

とてもストイックな本田仁美は、ピラティスだけでなく筋トレにも熱心です。

ジムでトレーニングを行っているようです。

運動量に対して食べなさすぎ!?

ピラティスや筋トレに加えて、日々のレッスンやパフォーマンスなどでも、かなり動くでしょう。

そこまで動いているのに、食事制限もしているとなると、やせすぎるのも当然かもしれません。

拒食症というほどではなくても、この生活ならどんどんやせていくのではないでしょうか。

本田仁美が激やせした原因は、食事制限+ピラティス・筋トレ・ダンスなどのハードな運動によるものと予想されます。

Sponsored Links

まとめ

アスリート並みにストイックな本田仁美。

体型管理も本当に頑張っていることがわかります。

常に努力し続ける彼女に、憧れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、あまり無理しすぎて、体を壊すようなことにはならないでほしいですね。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください