IZONEメンバーの歌唱力ランキングを考察!発売曲でパートが多いのは誰だ?

みなさん、こんにちは。

オーディション番組PRODUCE48から選ばれた12人組ガールズグループIZONEは韓国はもちろん、日本でも大人気ですよね。

3rdミニアルバム「Oneiric Diary 」の発売も控えており、さらなる活躍が期待されるでしょう。

今回はそんなIZONEメンバーの歌唱力ランキングを考察してみました!

また、発売曲でパートが多いのは誰なんでしょうか

それでは、みていきましょう!

Sponsored Links



IZONEメンバーの歌唱力ランキング

さっそく歌唱力ランキングを紹介していきたいと思います。

あくまでこれは一つの意見なので、ぜひ皆さんも一緒に考察してみましょう!

12位ヘウォン

ヘウォンはボーカルよりラップの方が上手な印象があります。

11位サクラ

日本のアイドルらしい歌い方をしています。

10位ヒトミ

とても音域が高く、可愛らしい声です。

9位ウォニョン

力強さには欠けますが、アイドルらしい可愛い歌声だと思います。

8位ミンジュ

落ち着いた歌声が印象的です。

7位ナコ

PRODUCE48で奈子の天使のような歌声が話題になりました。

高い音域が綺麗ですよね。

6位イェナ

イェナはボーカル力も十分にありますが、ラップも上手です。

5位ユジン

韓国の歌唱コンクールプログラム、覆面歌王に出演したことがあります。

4位チェヨン

チェヨンは踊りながらも歌声が安定している点が素晴らしいです。

3位チェウォン

チェウォンは声が綺麗で、こちらもまた天使のような歌声です。

2位ウンビ

力強い歌声が特徴的で、安定感もあります。

1位ユリ

1位はメインボーカルのユリです。

安定感と伸びのある高音、歌の技術も素晴らしいです。

力強さももちろんあり、さすがメインボーカルですよね。

発売曲でパートが多いのは?

それでは、発売曲でパートが多いのは誰なのでしょうか?

Violetaのパート割がこちらです。

メインボーカルなだけあって、やはりいつも1番多いのはユリです。

次に、FIESTARのパート割です。

ユリに続いてボーカルラインのチェウォンウンビが大体多いです。

センターのウォニョンもそのメンバーの同じくらい多い印象があります。

また、極端なパートの偏りは無いように思われます。

まとめ

IZONEメンバーの歌唱力ランキングの考察や、発売曲でパートが多いのは誰かについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだ若いメンバーが多いので、これからさらに歌唱力がアップしていくと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください