DAY6メンバージュンヒョクの脱退理由やその後を調査!芸能界引退したってマジ?

韓国では実はバンドグループがアイドルグループに比べて多くはないのですが、

韓国でもバンドグループとして成功しているのがDAY6というグループです。

元メンバーのジュンヒョクがデビュー後まもなくして脱退した時には衝撃が走りましたよね。

これからの活動が期待されていた中での脱退だったので、惜しまれた方も多かったと思います。

今回はジュンヒョクの脱退理由や、現在はどうなったのか調査してみたいと思います。


Sponsored Links



ジュンヒョクのプロフィール

名前イム・ジュンヒョク
出身大韓民国
生年月日1993年7月17日
身長175cm
所属グループ元DAY6

2015年9月に韓国でJYPエンターテインメントからDAY6のメンバーとしてデビューしました。

キーボードとボーカルを担当していました。

しかし、2016年の2月にグループ脱退、またJYPエンターテインメントとも契約を終了しています。

Sponsored Links

ジュンヒョクの脱退理由は?

ジュンヒョクの脱退理由については、JYPエンターテインメント側は個人的な事情によるものだと説明していますが、韓国のネット上にはSNSを通じたファンとの個人的な交流やファンとの熱愛説による騒動が原因だと言われています。
引用:https://www.showholic.jp/artists/633

インターネット上にジュンヒョクがファンのフェイスブックに直接メッセージを送った内容や

彼女とされる人物がインスタグラムで交際を匂わせる投稿が拡散され、騒動となりました。

ファンの中にはデビューして約半年でメンバーの脱退が発表されたことにショックを隠せない人も多かったようです。

ジュンヒョクも一人の人間なのだから、恋愛をするのも自由だという意見もあったようですが、

相手がファンであったことがやはり問題を大きくしてしまった原因だったのでしょう。。。

Sponsored Links

脱退後は芸能界を引退したの?

脱退後、韓国でソロデビュー

芸能界を引退したわけではなく、脱退から2年後の2018年に韓国でソロデビューをしていました。

デビュー前には韓国KBS2のバラエティ番組「THE Unit」にも出演していました。

こちらの番組は元々アイドル活動をしていた人が集まり、再起を目指してサバイバル合宿するという内容なのですが、

番組中ジュンヒョクは視聴者と審査員に抜群な歌唱力を披露しています。

また、ジュンヒョクはこの番組に出演を決めた理由として、再びステージで音楽をしたいという気持ちが強かったからだと話しています。また、視聴者や審査員から自分の実力の評価を受けてみたかったと言っています。
引用:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2087591

こちらが、番組出演時の動画です。

クリアで優し気な歌声と汗をかきながら一生懸命に歌唱する姿に心を打たれますね。

また、当時の脱退理由についても周りに迷惑をかけることになって、自身も辛かった、と語っています。

日本でもソロデビュー

韓国でのソロデビューを果たした同年の2018年の5月に日本でもシンガーソングライターとしてデビューしていました。

渋谷などでストリートライブを行ったり、youtubeにも様々な動画を投稿し活動の幅を広げているようです。

https://twitter.com/junhyeok_jp/status/1016308065925136384?s=20

https://twitter.com/junhyeok_jp/status/1029355759052582914?s=20

2019年9月に最新曲を配信リリースしているようですので、

おそらくまだ日本でも活動をしていると思われます。

Sponsored Links

まとめ

元DAY6のジュンヒョクの脱退理由とその後について調査しました。

ファンとのSNS上でのやり取りが騒動となりDAY6を脱退しましたが、現在は韓国と日本の両国で

シンガーソングライターとして活動しています。

日本でもストリートライブやファンサイン会を行ったりと活動の幅を広げているようなので、

ジュンヒョクの音楽を聴ける機会がありそうです。

今後の活躍にも期待です!



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください