IZONEのビジュアルとボーカル担当を調査!チェウォンやユリの他には?

今回はIZ*ONEについてです。

最新曲「FIESTA」の活動も成功裏に終えて、人気女子アイドルの一組ですよね。

その中でも、IZ*ONEのビジュアルやボーカル担当について調べました。


Sponsored Links



グループプロフィール

グループ名IZ*ONE(アイズワン)
メンバー構成12人(韓国人:9人/日本人:3人)
デビュー年月日2018年10月29日
ファン名WIZ*ONE(ウィズワン)

IZ*ONEは韓国の人気サバイバル番組シリーズの3作目、『Produce48』から誕生しました。

もとより活動期限が2年半と決まっているのが特徴で、解散まで残り約1年(2020/5/7時点)です。

ファンとしてはあと何回カムバしてくれるのか・・と寂しい気持ちになりますよね。

2018年秋に、タイトル曲「La Vie en Rose」でデビューし、各音楽番組で1位を獲りました。

全体的に可憐で可愛らしく、妖精ようなコンセプトです。

韓国では男子人気が高いですが、日本ではそのコンセプトとメンバーのビジュアルから、女子人気が高いです。

Sponsored Links

多くて困る!ビジュアル担当

IZ*ONEは皆可愛いので、もはやメンバー全員ビジュアル担当と言っても過言ではありません。

甲乙つけ難いですが、デビュー当初ビジュアル担当のメンバー内投票をしていたので、

その時の上位者をピックアップします。(投票の様子はこちら)

キムミンジュ

この圧倒的透明感。儚げなフェイスでIZ*ONEの白雪姫とファンからは言われています。

少女らしい一面もあれば、弱冠19歳(日本年齢)なのに色気も感じさせるビジュアルです。

日本の番組『FNS歌謡祭』に出演した際は、あまりの美しさにネットが揺れました(笑)

宮脇咲良

まるでお人形さんのような人間離れした美しい顔!

メンバーからも度々「さくらは綺麗すぎるから隣に並ぶの嫌だよ~」と言われるほどです。

この投稿はファンの方が撮影したものですが、あまりの美しさに当時「このさくらはやばい」とバズりました。

カンヘウォン

ザ・王道韓国美人!欠点の見つからないキラキラビジュアルです。

また、ヘウォンのビジュアルは顔だけにとどまらず、スタイルも完璧です。

Sponsored Links

ボーカル担当は誰だ?

IZ*ONEは人数の通り、ボーカル担当も多いです。

また、チェヨンのようにポジションはメインダンサーだけども、歌も上手なメンバーもいます。

圧倒的メインボーカル・チョユリ

IZ*ONEのボーカルといえばユリです。ポジションもメインボーカルを担当しています。

グループのボーカル部分を底上げしているのは確実に彼女です。

タイトル曲を見てみれば一目りょう然なので、気になる方はぜひ見てみてください。

綺麗なボーカルライン・チョユリズ

チョユリズとは、ユリ・チェウォン・イェナの3人のことです。

ユリはもちろんのこと、チェウォン・イェナの2人も歌が上手で、サビを任されている曲も複数あります。

パワフルボイスのユリ、透き通る歌声のチェウォン、可愛らしい歌声のイェナ。

それぞれ違った魅力があり、IZ*ONEのボーカル部分を支えています。

この3人での曲「언젠가 우리의 밤도 지나가겠죠(SOMEDAY)」も音源化されているので、ぜひ聴いてみてください。

ダークホース矢吹奈子

奈子は綺麗な高音が伸びるのが特徴です。

『Produce48』ではその歌声を披露し、一気に順位を上げましたよね。

ボーカル担当のダークホースといえる彼女。

これまで歌が目立つパートがなかった彼女ですが、

最新アルバムの収録曲「AYAYAYA」ではなんと、重要パートを任されています。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はIZ*ONEのビジュアルやボーカル担当について調べました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください