SuperMのアメリカや韓国人気は?出身グループとメンバープロフィールまとめ!

みなさんこんにちは。

今回は、2019年に結成された『SuperM』について見ていきたいと思います。

『SuperM』はいくつかのグループから選抜されたメンバーで結成された、新しいユニットという事ですが、どんなメンバーがいるのでしょうか。

また、活動は韓国からアメリカやヨーロッパにも広げているようで、その人気はどれくらいなのでしょうか?

プロフィールを画像や動画などを踏まえながら、じっくり探っていきましょう。


Sponsored Links



SuperMについて

SuperMは、東方神起や、少女時代EXOなどのKPOPを代表するアーティストが所属する韓国最大の大手事務所『SMエンターテインメント』発の新しいボーイズグループです。

グループ名の由来はM【マトリックス&マスター(Matrix&Master)】Mであり、『優れたアーティストが集まり、スーパーシナジーを提供する』という意味を含むという事です。

2019年10月にはアメリカ大手音楽事務所『キャピトルミュージックグループ』とタッグを組み全米デビューし、そのロサンゼルスのデビューライブの模様はなんとyoutubeなど世界に向け、生中継されました。

そんなSuperMですが、デビュー前の2019年8月に正式メンバーが発表されたときはそのすごすぎるメンバーにKPOPファンの間でとても話題になったようです。

その7人のメンバーとは?

詳しく見ていきましょう。

構成されたメンバーがすごすぎる!

日本で報道された際にも『KPOP界のアベンジャーズ誕生!』と言われるほど、話題になった彼ら。

そんなメンバーは、SHINeeからは、テミン、EXOからはベッキョンとカイ、NCTからは、NCT127のテヨンとマークWayVのテンとルーカス

もうすでに人気を博しており、全員がそれぞれno
グループのセンターを務めているメンバーで構成されています。

その上、タイ、カナダ、香港、韓国と様々な出身メンバーがいる為、英語や多国語にも優れたグローバルグループとなっています。

Sponsored Links

メンバープロフィール

そんなSuperMの7人の、出身グループやそれぞれ得意とする分野を踏まえ、年齢順にプロフィールを見ていきましょう。

ベッキョン【EXO】

名前ビョン・ベクヒョン
出身韓国京畿道富川市
生年月日1992年5月6日
所属グループEXO
ポジションメインボーカル

ベッキョンはSuperMではリーダーを務め、EXOのメンバーでもあります。

EXOは言わずと知れたスーパーグループで世界中にファンがいます。

その歌唱力は抜群で、ソロデビューしている程です。

SuperM内でもベッキョンのボーカルがグループを支えていると言ってもいいでしょう。

テミン【SHINee】

 

名前イ・テミン
出身韓国ソウル特別市
生年月日1993年7月18日
所属グループSHINee
ポジションメインダンサー

2020年現在はメンバーが兵役中であるためにソロ活動が多いテミンですが、彼は大人気グループSHINeeのメンバーです。

マイケル・ジャクソンに憧れ、ダンスを得意とするテミン。

韓国のミュージックシーンに於いてもそのダンスは高いレベルと定評があります。

SHINee自体もハイレベルであり斬新なパフォーマンスはSMエンターテインメントの中でも唯一無二の、個性と異色を放つスーパーグループです。

日本語も堪能で、日本のバラエティ番組にも通訳なしで多数出演するほどです。

カイ【EXO】

名前キム・ジョンイン
出身韓国全羅南道順天市
生年月日1994年1月14日
所属グループEXO
ポジションメインダンサー

カイは、ベッキョンと同じくEXOのメンバーです。

所属事務所SMエンターテインメイントの中でも一番ダンスが秀でているメンバーとして有名のようです。

平昌オリンピックソロダンサーを務めたほどです。

EXOの中でも絶対的センターでもあります。

テヨン【NCT127】

名前イ・テヨン
出身韓国ソウル特別市
生年月日1995年7月1日
所属グループNCT127
ポジションメインラッパー・ボーカル

テヨンはNCTグループのNCT127のメンバーです。

NCT127の中ではリーダーでありセンターであるメンバーです。

独特のラップとキレのあるダンス、そして何よりそのルックスは、『ファンタジービジュアル』とも言われています。

テン【WayV】

 

名前チッタポン・リチャイヤポンクル
出身タイバンコク
生年月日1996年2月27日
所属グループWayV
ポジションメインダンサー

テンはWayVという、NCTの派生グループで主に中国で活動しています。

中国名は『威神V』と書くようです。

テンはタイのバンコク出身で、インターナショナルスクールに通っていた為、英語が堪能で韓国語、タイ語、中国語と四か国語をマスターしています。

フレンドリーでとってもポジティブな性格なのでグループの中でもムードメーカーの役割かもしれませんね。

ダンスにおいてはタイと韓国のダンス番組で優勝するほどの腕前です。

ルーカス【WayV】

名前ウォン・ユッケイ
出身香港特別行政区新界沙田
生年月日1999年1月25日
所属グループWayV
ポジションリードラッパー

ルーカスは香港人の父、タイ人の母を持つハーフであり、その秀でたルックスは事務所の練習生の頃からファンがついていたほどの人気であったそうです。

そんなルーカスはNCTの活動ののち、テンと同じWayVのメンバーとして現在活動しています。

中国語だけでなく、タイ語、英語、韓国語も堪能であり、低音ボイスのラップでWayVのセンターも務めます。

クールで彫りの深いビジュアルとは裏腹に、にぎやかでおしゃべりでいたずら好きという可愛らしい性格のルーカス。

SuperMの中でも弟分として、ベッキョンやカイ、テミンにとってもかわいがられているギャップが魅力です。

マーク【NCT127】

名前イ・マーク イ・ミンヒョン
出身カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー
生年月日1999年8月2日
所属グループNCT127
ポジションメインラッパー・メインダンサー

カナダバンクーバー生まれのマークはSuperMではマンネ(末っ子)とメインラッパー担当ですが、NCT127のメンバーとして活動しています。

数年前には、『高等ラッパー』という韓国の大人気ラップバトル番組にも出演しており、その実力は定評があるようです。

バラエティ番組にもたびたび出演しておりNCTの顔と言えるかもしれません。

SuperMでも得意のラップを遺憾なく発揮しています。

Sponsored Links

アメリカや韓国での人気は?

SuperMは韓国だけではなく、アメリカやほかの国々でもデビューしています。

その人気ぶりを見ていきたいと思います。

2019年10月に韓国よりも先にアメリカデビューした、SuperMは、ロサンゼルスのハリウッドでデビューステージ、その後もテキサス、シカゴ、ニューヨーク、アトランタ、ワシントンD.C.、バンクーバーでのライブツアーというように、アメリカ、北米からその活動はスタートしました。

どの会場もチケットは即ソールドアウトとその人気ぶりは国内外での評価と人気を確定するものであったと思われます。

アメリカで有名番組に立て続けに出演したり、2020年2月~3月にはヨーロッパ公演も果たしており、ロンドンやパリでもその人気は絶大であったようです。

韓国ではまだコンサートはなく、アメリカほどの盛り上がりではないものの、それぞれの所属グループの根強いファンがついているのだろうと思われます。

SuperM自体が、アメリカやヨーロッパなど世界に照準を合わせているようですね。

Sponsored Links

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は韓国最大の大手事務所と言われるSMエンターテインメントから最強のメンバーで結成された、『SuperM』について調べていきました。

もともと各グループが絶大な人気を誇るメンバーばかりなので、デビュー前から期待されていたようですが、チケットは即売り切れという事ですし、ハリウッドでデビューライブをするなど、アメリカでの人気は凄まじいものだったようですね。

どのメンバーもも自分の所属グループの活動を同時進行でしていたというのですから、本当にアベンジャーズのようですね。

これからのSuperMの活躍に目が離せませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links



人気韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください