公園少女(GWSN)メンバーの韓国の人気や反応を調査!ミヤやレナってあんまり人気ないの?

2018年にデビューし、現在も韓国で活動中の公園少女(GWSN)。

日本人メンバーのミヤがいることから、日本のK-POPファンからはよく知られていますよね。

しかし、韓国での彼女たちの人気はどうなのでしょうか?

一部では人気がないという声も上がっているようです。

ということで、今回は特に日本人メンバーのミヤと、末っ子のレナの韓国での人気や反応について調査してみました!


Sponsored Links



公園少女(GWSN)ミヤとレナのプロフィール

まずは、2人のプロフィールから紹介しましょう。

生年月日やポジション、血液型など詳しく調査したので、ぜひチェックしてください!

ミヤ

本名宮内晴香 (みやうちはるか、미야우치 하루카)
生年月日1993年 5月26日(26歳)
出身地日本 静岡県
身長163cm
血液型O
ポジションメインダンサー

グループでガールクラッシュを担当しているミヤ。

他のグループにはあまりいない中性的な美しい見た目は、舞台上で目立ちます。

女性もトリコになりそうですね!

レナ

本名カン・レナ (강레나)
生年月日2002年 4月17日(17歳)
出身地韓国 ソウル特別市
身長169cm
血液型A
ポジションメインボーカル

公園少女の末っ子(マンネ)です。

かわいらしいビジュアルを備え、マンネであるにもかかわらず、メインボーカル。

マンネでメインボーカルは珍しいですね。

Sponsored Links

公園少女(GWSN)のミヤやレナって韓国では人気がないの?

公園少女と検索すると、「人気ない」というワードが出てくるほど、一部では人気がないと思われているようです。

しかし、2018年9月に発表されたデビューアルバム「THE PARK IN THE NIGHT part one」は、韓国版ビルボードといわれるガオンチャートで20位を獲得しました。

新人のデビュー曲で上位圏にランクインは異例です。

公園少女は、かなりの人気話題性があるようです。

ミヤの韓国での人気

その中でも、メンバーで一番目立つのが、ボーイッシュなミヤです。

韓国で有名な検索サイトNEVERで公園少女について調べると、ミヤが一番上位に出てきます。

ミヤは公園少女のイプドク(オタク入門)妖精といえるのではないでしょうか。

日本でも、彼女をきっかけにファンになった人が多いようです。

確かにミヤのビジュアルはほかのアイドルと異なり、かっこいいですよね!

さらに、メインダンサーであるミヤのカバーダンス動画も、度々話題に上がります。

最近では、mamamooのムンビョルのソロ曲、Eclipseをカバーしました。

彼女にしか出せない中性的な雰囲気がありますね。

この動画に対する韓国の方の反応をみると、

「ただ想像でムンビョルとミヤでコラボしたらすごくいいだろうなと思っていたのに、こうやってミヤがカバーしてくれたなんて(泣)長年の夢がかなったようです(泣)」

「本当にかっこよくてきれい ミヤが最高だよ」

といった声がたくさん寄せられ、人気の高さがみえます。

レナの韓国での人気

次は、公園少女のマンネ、レナの人気について見ていきましょう。

グループ内でメインボーカルを務めるレナ。

過去には、同じく公園少女でメインボーカルであるソリョンと一緒に、tvNの水木ドラマ「真心が届く」のOSTを歌いました。

このドラマは、韓国で大人気になったトッケビに出演した、イ・ドンウクとユ・インナが再共演を果たし、韓国でも注目を集めました。

そんなドラマのOSTを任されるということは、韓国で注目を受けていると言えると思います。

また、かわいらしいビジュアルから、日本と韓国の両国で、メンバーの中でもかなりの人気があるようです。

Sponsored Links

まとめ

公園少女のミヤとレナの韓国での人気や反応について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したミヤとレナは、グループの中では人気があるメンバーのようです。

話題性のある公園少女ですので、

これからさらに人気が出るのではないでしょうか?

今後の活躍が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください