イチェヨン(IZONE)日本語が話せて上手いって本当?ダンス以外で得意なことを調査してみた!

皆さん、こんにちは!

いよいよやってきました!年末歌謡祭!今年の目玉といえばやっぱり

プロデュースで、爆発的に人気に火がついた『WannaOne』の最終活動。

そして、今年から2年半の活動期間に入った『IZONE』!

IZONEの(La Vie en Rose)はもう覚えましたか?これから年末にかけてたくさん聞く機会が増えてきますよ!

今回は、イチェヨンの日本語のレベルとダンス以外に得意なことはあるのかを調べてみました!

Sponsored Links

イチェヨン(IZONE)プロフィール

名前 イ・チェヨン(이채연)
出身 韓国
生年月日 2000年1月11日
身長 165㎝
血液型 A型
ポジション リードボーカル・メインダンサー

ラララ ラビアンローズ~!

もう覚えましたよね?キャッチーで女性らしさのある振り付けと

サビにかけるブリッジパートの高音!毎回このプデュの楽曲っていい曲が多いんですよね!

役割分担もはっきりしていますし、どのメンバーにも公平?にパートがあったのは本当によかったです。

来年もまた、放送予定だと明らかにしているこの『プロデュース』番組

女子、男子、女子と続いているので次は男子?の声も大きいですね。

さていつまで続くかこのプロデュースシリーズ!

毎回毎回、えーまたー!と思いながら最初からみて推しを探してしまうなんてことになりそうですね。

はい、今回ご紹介するイチェヨン!彼女もまたアイドルになりたいと幼少期から頑張っていたタイプの

練習生!見事JYPの練習生として、キャリアを積んでいくも、TWICE選抜ではメンバー入りに入れず

そのまま、JYPを退所。現在、Oh My Girl(オマゴル)で売り出し中のWMに入所!

見事このプロデュースの参加を獲得し、無事にIZONEへのメンバー確定となりました。

国民が選べる、アイドルグループという意味では、いくら歌唱力やダンスがうまくても

メンバー入りしない子は本当にしない。また別の“人間力”のようなところでも選ぶ方もおおいでしょう。

そうそう人間力って大事ですよね。M-1を見ててもそれは感じました(急にM-1の話)

Sponsored Links

イチェヨン(IZONE)日本語が話せて上手いって本当?

チェヨンと言えば、きっても切れない仲なのが、日本人メンバーの宮脇咲良ですね!

その前にも、現TWICEのメンバーとして活躍しているミナ・サナ・モモとも仲が良く

JYPの練習生時代から日本語を勉強していたのでは?と言われています。

『さくらちゃん』なんて呼んでるのが本当に可愛いチェヨンですが、日本語はどれくらい喋れるんでしょう。

サイン会では、日本人のファンに日本語での対応をみせる、まさに神レベル!

韓国語がつたないメンバーへの(主にさくら)日本語の対応力。

チェヨンが日本語をしゃべれるのかって話って本当なんですね!

しかも、対応力と語彙力の多さがすさまじいです!

事務所への誘導、やはり語学が強いとファンも増えますね~!

Sponsored Links

ダンス以外で得意なことを調査してみた!

チェヨンのダンス以外での得意なこと探してみたんですが、ダンスしかでてこない!

趣味はドラマをみることなど出てくるんですが、得意なことが全てダンス関係!

ダンスの種類はもちろんのこと、ダンスの振り付けまでもが得意なチェヨン!

特にかっこいいのがこの『Rumor』のダンス!

セクシー系のダンスなんですが、真ん中にチェヨンがくるとチェヨンにしか目がいかない!

そのくらい、曲の表現力の再現が豊なわけですね~。

長年の練習生歴から培われたダンスは、他のメンバーよりも、より魅力的なんだと思います。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、IZONEチェヨンの日本語力について調べてみました!

ダンスが得意なチェヨン、他の得意なことに関しても調べてみましたが、

チェヨン=ダンスと切っても切り離せない特技でした!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


s

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください