オルチャンアイメイク(三角ゾーン)で下まぶたはどうやってる?2020年の流行りを紹介!

今回はメイク記事です!

韓国のメイクは特徴的で、可愛いですよね^^

今回はメイクの中でもアイメイクにフォーカスを置いて、最新のメイク事情を調査していこうと思います。


Sponsored Links



オルチャンメイクって?

オルチャンとは?

そもそも、「オルチャン」とは、韓国語で顔「オルグル(얼굴)」という言葉と、最高「チャン짱」という言葉をあわせた造語です。

ざっくりいうと、オルチャンとは「顔が最高なイケメン、美女」のことを指します。

今から約15~20年韓国で流行った若者言葉で、日本にもその言葉が普及しました。

インターネットが普及していた韓国では、SNSでオルチャンと呼ばれる人々が、今でいうインスタグラマーのような感じで、たくさんいました。

オルチャンメイクの特徴

オルチャンメイクのイメージ

(ここから引用)

オルチャンメイクが流行っていた当時は、こんな感じでまるでお人形のような仕上がりのメイクが主流でした。

【オルチャンメイクの特徴】

・真っ白な肌

・真っ赤な唇

・黒目がちな目

・アイラインはがっつり黒

・目の三角ゾーンはアイライナーで塗りつぶす

オルチャンメイクには、アイメイクがかなり重要なことが分かりますね!

Sponsored Links

2020年最新の流行りは?

そんなオルチャンアイメイクの最新版を調べました。

流行の移り変わりが早い韓国、「オルチャン」という言葉自体がもはや死語になっています(笑)

しかし「オルチャン」という言葉自体は使われなくなったものの、進化を遂げて可愛いアイメイクを発見したので、いくつか紹介します。

こちらはIZ*ONEのウォニョンちゃんです。

目が全体的にキラキラしていますね。特に下まぶたにはラメがのっていて可愛いです。

アイラインは細めで、三角ゾーンは濃い目のアイシャドウを薄く載せています。

こちらはアイメイクのみを投稿しています。

投稿者は韓国の美容インフルエンサーのような方です。

やっぱり先ほどのウォニョンちゃんと同じく、目全体がキラキラしていますね。

アイラインも細い。そして目尻のみにひいています。

肝心の三角ゾーンは少し濃いめのアイシャドウを薄くのせています。

この2人のアイメイクをみても、オルチャンメイクが流行った当初とはだいぶ違いますよね。

【2020年最新アイメイクの特徴】

・キラキラのアイシャドウを使う

・下まぶたはラメやグリッターのアイシャドウをのせる

・アイラインは細め

・三角ゾーンは濃いアイシャドウを薄くのせるのみ

おすすめのやり方や真似したい人

こちらは新人女性アイドルグループ「EVER GLOW」のメンバーイロンちゃんです。

produce48に出演していたので知っている方も多いのではないでしょうか?番組放送時にはその美貌が話題になりましたよね。

ザ・美人!!目がキラッキラ!

アイメイクも最新の可愛いが詰め込まれていて、思わず真似したくなります。

アイメイクのやり方を紹介してくれている人も1人ピックアップしました。

目をアップにして動画で紹介してくれているので分かりやすいですよね。

また、ナレーションがないなので、韓国語が分からない方でも真似しやすそうです!

ちなみにですが、日本のアイメイクはブラウンが主流ですが、韓国ではカラーシャドウを全体的に使うのが最近の流行りです。

おすすめコスメ

最新のアイメイクに欠かせないキラキラのアイシャドウ。その中でもおすすめを一つピックアップします。

韓国のコスメブランド「Color gram:TOK」のグリッターアイシャドウです。

Qoo10がおすすめ:こちら

IZ*ONEがイメージモデルをしているので、知っている方もいるのではないでしょうか。

日本進出はまだしていないのですが、通販でも買えるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「オルチャンアイメイク」について調べました。

「オルチャンメイク」は今や全く違うものになっていましたね!特にアイメイクは大胆にアップデートされていました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Links



人気韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください