カンダニエルの英語や中国語の実力は?話している動画を見たい!

みなさんこんにちわ。

今回はWanna One出身、現在カムバック中で様々なアーティスト達の中でも一位を獲得し続けている、カン・ダニエルについて紹介したいと思います。

グループ時代は国民が選ぶ『国民センター』ポジションにも選ばれたほどの人気を持ち、ソロとなった現在もその人気は衰えず爆走中です。

韓国だけではとどまらず、日本、中国、アジアでも人気が高いカン・ダニエル。

ツアーで海外を回る機会も多いようですが、英語など、語学の実力はどうなんでしょうか?

そんなカン・ダニエルについて見ていきたいと思います。


Sponsored Links



カンダニエル プロフィール

  

 

本名カン・ダニエル
出身韓国釜山広域市影島区
生年月日1996年12月10日
身長180cm
愛称神田君・サモエド・ニエル、など

オーデション番組『PRODUCE101』シーズン2から輩出され、2017年にボーイズグループWanna Oneとしてデビュー曲『Energetic』がいきなりミリオンヒットで全世界で1億回再生という偉業を成し遂げました。

デビュー以降もヒット曲、音楽配信チャートも一位を記録し続け、グループは解散しましたが、ソロデビューした後も、一位を取り続けるカン・ダニエル

優しく甘いルックスに高身長でがっしりとした男らしさと、かわいい笑顔も人気の秘密のようです。

そんなカン・ダニエルですが、海外での活動も多く、通訳をつけずに話してる場面が結構あるようです。

特に英語と中国語は、流暢なのだとか。

果たして、その実力はどのようなかんじなのでしょうか、早速見ていきましょう。

英語の実力は?

ソロアーティストになってからは、香港、マニラ、台北、バンコク、日本、と言うように韓国アジアを中心に活躍を広げています。

それぞれの地域、国でファンミーティングも行われたとのことで、海外での人気ぶりが伺えます。

英語はとても流暢ですね。

とてもネイティブな発音だと有名なようです。

カナダに親戚がいて少しの間暮らしたこともあるそうです。

それだけでなく、語学の勉強もとても頑張っているとのこと。

いろんな場面で英語をよく話していますね。

アメリカで撮影されている『アンニョンダニエル』というリアリティ番組を持っているだけあり、英語を話す場面は多そうです。

中国語の実力は?日本語は?

英語だけでなく、中国語も話せるようです。

日本語も勉強しているようですね。

中国語は特に力を入れているらしく、ツアーやファンミーティングで通訳なしで話せるほどではないでしょうか。

タイ語なども話していますが、中国語と英語は特に流暢なことが分かりますね。

ファンのために現地の言葉で話すというのは、一番のプレゼントですよね。

Sponsored Links

まとめ

いかがだったでしょうか?

バラエティ番組コンサート、またファンクラブの会報など、様々な場面で語学を披露していることから、カン・ダニエルは、外国語を話したり勉強をするのが得意で好きなようですね。

なかでも英語の実力は、ネイティブで完璧のようですね。

中国語流暢な実力のようでした。

そのうえ日本語も勉強しているとあって、これからの日本でのファンミーティングやツアーなども楽しみなファンの方も多いのではないのでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください