BLACKPINKジスってラップやダンスがうまいってマジ?意外にジェニよりうまいかも?

BLACKPINKといえば今では世界中で知られるトップアーティストで、Youtube動画に投稿したMV「KILL THIS LOVE」は公開62時間で再生回数1億回を突破し世界新記録を樹立しています!

デビューしてから現在まで常に注目されているガールズグループです。

その中でも抜群のルックス。

まあ全員、ルックスは素晴らしいのだけれども、愛嬌も含め私はかなり好きですね。

今回はそのBLACKPINKのメンバー・ジスのラップ力やダンス力について紹介していこうと思います。


Sponsored Links



プロフィール

名前キム・ジス
出身韓国京畿道軍浦市
生年月日1995年1月3日
身長162㎝
体重45㎏

ジスはBLACKPINKの中で最年長でリードボーカル・ビジュアル担当です。

性格は普段から明るく、メンバーの中でもムードメーカー的存在だそうです。

最年長ながらも幼く天然な部分もあるのでギャップにやられるファンがたくさんいるようです。

ファン想いで、対応もサービス精神旺盛でいつも笑顔なので、メンバーの人気1・2位を争うのも納得です!

Sponsored Links

ジスのラップ力は?ジェニよりうまい?

通常、BLACKPINKのメインラッパーはジェニが、リードラッパーはリサが担当しています。

しかし「In Your Area Tour」のマカオ公演でジェニーが体調不良だったとき、「DDU-DU DDU-DU」のジェニーのラップパートをジスが代わりに披露しました。

これにはファンもびっくりしたようでしたがジスのラップはかなり好評で、普段はラップパートを歌わないこととラップが想像以上に上手だったことで会場は大盛り上りだったようです。

その動画がこちらです!

いつものかわいらしいイメージと違い力強くリズム感のあるラップですよね!

それではここで新たな才能を開花させたジスと、絶対的ラップ女王のジェニを比べてみましょう。

こちらが通常のジェニが歌うラップです。

どちらのラップの方が好みでしたか?

ジェニのラップはやはりかっこよく安定感があるな、と個人的に思いました。

ジェニは高速ラップなど高度なテクニックを使えるので、海外では評価が高く世界でもトップレベルだと言われています。

世界的にラップは崩して歌うこともテクニックの一つのようですが、日本では基本通り歌えた方が上手いという意識があるため、ジェニは下手なのでは?ジスの方が上手だ!という意見があるんですね!

なので専門的に実力を比べてしまうとジェニの方が上手だと言えます。

Sponsored Links

ジスのダンス力は?

ジスはダンスがあまり上手ではないと言われています。

黒髪のアディダスのロゴが大きく書かれたシャツを着ているのがジスです。

どうでしょうか?

正直私には全く問題点が見つけられませんでした!

BLACKPINKは他のガールズグループに比べて、ダンス力がずば抜けて高いと言われています。

確かにキレがメンバーに比べるとない気もしますが、メンバー1身長が低いので大きく魅せる華麗な動きで魅了しています。

ジスのダンスは力強く激しい動きというよりは、女性らしいしっとりとした動き方が多いのが特徴です。

ですのでジスが下手というよりは他のメンバーのクオリティが高くてそう見えてしまうのかもしれませんね。

ジスは5年間YGの練習生としてダンスを含め厳しいレッスンを受けていますし、ダンスが問題だとすれば韓国事情からしてデビューもしていなかったかもしれません。

なのでただ、メンバーの中でずば抜けてうまいわけではない=下手という風に結びついてしまったのかなと思いました。

Sponsored Links

まとめ

ジスのラップを歌う姿は少し恥ずかしそうでとても可愛らしかったのでまた見たいな~と思いました!

ダンス力はBLACKPINK自体がレベルが高いので、ジスはかなり高いランクでの評価として下手と言われていると思います。

私は全く下手と思いませんでした!

BLACKPINKはこれからも世界中で活躍していくと思いますが、ジスの活躍にも期待です!

Sponsored Links



人気韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください