ヒルマンニナの性格や公式SNSってあるの?謙虚でバイリンガルで最強すぎ!

アイドルグループのデビューを目標に26人の練習生が繰り広げるグローバルオーディションである「Niji Project」(通称:ニジプロ)。

その候補生の中でも「ヒルマンニナ」さんが話題になっています。

今回はそんなヒルマンニナさんについて調べて見ました。

Sponsored Links



ニジプロとは?

ニジプロとは、こんなプログラムです。

2019年2月、記者会見にて総合プロデューサーであるJ.Y. Park (パク・ジニョン)氏より発表された「Nizi Project」。「Nizi Project」はJ.Y. Park氏が描く企業ビジョン “JYP 2.0” のテーマの一つである「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」に基づいたもので、“虹” のようにメンバーそれぞれの個性が、様々な色を放つようなガールズグループを発掘・育成し、世に輩出することを目的としたオーディション・プロジェクトです。
この「Nizi Project」によるグローバル・オーディションが、2019年7月から8月にかけて、日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所、国籍不問で開催され、同年9月には1万人を超える応募者の中から26名を選抜、選抜メンバーを東京に集め4泊5日の合宿トレーニングを敢行しました。オーディションの様子や26名が参加した合宿トレーニングに密着した番組「Nizi Project」を、1月31日(金)からHuluで配信します。
引用:PR TIMES

ヒルマンニナさんのプロフィール

ここで簡単にヒルマンニナさんのプロフィールをご紹介したいと思います。

名前ヒルマンニナ(牧野仁菜)
出身アメリカワシントン
生年月日2005年2月27日(14歳)
身長164cm
特技歌・ダンス・ピアノ・スキー

プロフィールからすでに気品が感じられるのですが、実は彼女にはもう一つのプロフィール項目があります。

言語英語・日本語・フランス語

そうなんです。

ヒルマンニナさんは、トリリンガルの才女なのです。

すごいですね。

しかも日本語に関しては、わずか2年で日本語を習得したとのこと。

その理由は「コミュニケーションが取れないのが悔しかったから」というなんとも大人な理由でした。

Sponsored Links

ヒルマンニナさんの謙虚すぎる性格とは?

このTwitterから見てもわかるようにヒルマンニナさんはかなり謙虚な性格で、礼儀正しいことが伺えます。

またオーディション会場に入ってくるときも、しっかり挨拶していてとても好印象ですよね。

中学生とは思えない謙虚さと礼儀正しさを兼ね備えた性格かと思います。

でも実は・・・?

しかし、日本語に関しては「コミュニケーションがとれないのが悔しい」という理由だったので負けず嫌いな努力家でもあるのでしょう。

これは個人的な意見ですが、この性格はアイドルになる為には全部必要な性格なのではないかと思います。

実際にヒルマンニナさんの最終評価では、JYパークさんからも「あなたは完全にスターだと思う」という発言が飛び出しています。

これだけの大物にそんな言葉を言わせるヒルマンニナさん・・・恐るべし笑

Sponsored Links

公式のSNSは?

現在ヒルマンニナさんの公式のSNSはTwitterだけのようです。

しかも2月からで始めたばかりですね。

かっこよすぎるツイート!

ツイートはすべて英語で投稿されているところ見ると、改めてオーディションでの日本語が嘘のよう・・・。

また公式ツイートでも話されていますが、ヒルマンニナさんは「牧野仁菜」という名前でアミューズという福山雅治さん等が所属している事務所に所属されています。

しかし、ツイッターだけでもかなりオシャレな写真などをあげてくださっているのでインスタの更新も始まってくれたら、ファンも嬉しいことこの上ないですよね!

Sponsored Links

まとめ

今回はヒルマンニナさんの性格やSNSについて調べて見ました。

いかがでしたでしょうか。

性格はあのJYパークさんをも唸らせるほどの礼儀正しく真面目で、オーディション会場でも扉をノックしたのはヒルマンニナさんだけだったと言われていました。

しかし、言葉でコミュニケーションが取れないのが悔しいと話しており、わずか2年で意思疎通に問題がないほどまでの日本語を習得し、負けず嫌いな努力家でもありましたね。

また、現時点での公式SNSはTwitterだけとなっており、個人的なインスタはなかったのですが、ニジプロの公式のインスタと合わせて活動内容などを確認することができます。

日本語・英語・フランス語ができるトリリンガルな才女で、謙虚で礼儀正しいとは・・・もう最強すぎて驚きを隠せません。

世界は広くてもトップクラスでの好感度だと勝手に思っています笑

10000人という応募の中から、わずか26名しかない枠を見事に掴み取りましたが名古屋からわざわざ仙台まで行ったというから改めて根性を感じます。

そこまでしてでも、欲しかった枠を飛び出して世界で活躍するニジプロでぜひ輝いて欲しい人材と言えるでしょう。

これからの活躍に期待です。

ここまでお読みくださりありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください