ORBITUNIONの結成は非公式で韓国の事務所が絡んでる?JO1に対抗姿勢なのか?

2019年9月26日から放送されたPRODUCE 101 JAPANは日本の公開オーディション番組で、上位11人の練習生が「JO1」として3月にCDシングルデビューすることが決定しています。

このPRODECE 101 JAPANに出演しましたが「JO1」に惜しくも選ばれなかった7人の脱落・辞退したメンバーが「ORBITUNON」というチャンネル名で1月9日にYouTubeチャンネルを開設しメンバーの紹介動画を公開をしました。

メンバーはPRODECE 101 JAPANで一度はデビュー圏内に入ったことがある参加者で構成されているので全員人気が高いようです。

しかしデビューは公式でまだ発表はされておらず、事務所もグループ名も非公開のまんま。

たくさんの謎を抱えたままファンからはデビューを匂わせる「ORBITUNON」に期待と不安の声をあげています。

そこで今回はデビューについてや事務所の予測をしていきたいと思います。


Sponsored Links



「ORBITUNION」の意味は?


最初に話しましたが、「ORBITUNON」はYouTubeのチャンネル名ではあるのですがグループ名であるとは発表されていないんです。

ちなみに「ORBIT」は「軌道」、「UNION」は「結合、融合、団結」などの意味があります。

のちに話しますが「ORBITUNION」は事務所名の可能性も出ていますので、先走るのは早いようです!

Sponsored Links

デビューする可能性は?するならいつ?


これまでのプロデュースシリーズでセカンドグループが先にデビューしたことがありません。

「JO1」のCDシングルデビューは3月4日を予定していて、「ORBITUNON」は「JO1」のセカンドグループということで「JO1」より早いデビューはないと予想します。

また「JO1」のファンミーティングが開催された初日の夜に「ORBITUNON」が発表されたことで、盛り上がりを増すような動きをさせているように感じます。

この2つの理由から「JO1」のデビューからそれほど遠くない2020年4月頃の説が濃厚ではないかと考えています。

こういった内容は2月14日のOFFICIAL SNS開設ですので、それととともに情報が解禁されるかもしれません。

楽しみにしておきましょう!

Sponsored Links

所属事務所の推測を徹底解説!日本事務所?韓国事務所?

日本でデビューすることが予想されるので事務所は日本の事務所に所属するのではないか?とファンは予測をしています。

ちなみに「JO1」の所属事務所は吉本興業と韓国企業CJ ENMによる合併会社の「LAPONEENTERTAINMENT(ラポネエンターテインメント)」なので同事務所に所属するのかもかなり注目されています。

それでは現在予測されている事務所とその理由、可能性について紹介していこうと思います。

ORBITUNION、もしくはORBIT

「ORBITUNION」というのはYouTubeのチャンネル名ですが、これが事務所・会社の名前の説があります。

もしくはグループの中で本当は「β」の「ORβIT」チームと「Ω」の「ΩRBIT」に分かれていて2チームを合わせて「UNION」がグループ名、「ORBIT」が事務所名では?という考察がされています。

しかしチーム分けをされているのでは?とされていたのはメンバー10人という説が上がっていた時で、発表された人数が7人と発表された時点でこの説は薄くなったのではないかと思います。

LAPONEENTERTAINMENT

こちらは先ほども紹介しました「JO1」が所属する事務所です。

ちなみに韓国のPRODECE 101 でデビューした「Wanna One」とそのセカンドグループの「JBJ」は所属事務所が違いました。

ですがORBITUNIONは熱い支持者が多いので、吉本興業は「JO1」と共に自分の手元に置きたいのではないのか?ということや、韓国のフライング記事が削除されたこと、辞退したHALOの3人とファイナル上位のメンバーを揃えれるのは大きな事務所だろうという推測からこの説が浮上しました。

これから「JO1」を売り出すのに時間やお金をかけられないのでは?という疑問も出ていましたが、その通りで吉本興業に取材をしたところ「ORBITUNIONにつきまして、弊社は一切、完治も承知もしていません」と答えていることから、LAPONEENTERTAINMENTに所属する可能性はないでしょう。

FLAVEエンターテインメント

「ORBITUNION」のメンバー、安藤誠明さんと大澤駿弥さんが自身のInstagramでFLAVEエンターテインメントをフォローしていたようです。

現在はフォローを解除してしまったようですがカモフラージュと考えたらこれは可能性は高いのではないでしょうか。

韓国事務所

「メイクの仕方や英語の表記、考察させたがるところ」が韓国事務所の可能性が高いのでは?と思わせるようである一定のファンは期待をしています。

また韓国事務所の日本支社説なども浮上していますが韓国っぽい演出しか理由がありませんでした。

もちろん日本事務所と決まったわけではないのでこちらも可能性はあると思います。

Sponsored Links

まとめ

「JO1」の所属事務所である吉本興業は抗議の可能性もあるとして「ORBITUNION」のデビューは少し危うくあるとされていますがこれについては2月14日のOFFICIAL SNSでの情報の公開を待つばかりです。

事務所はファンにもデビューするメンバーたちにも重要なことです。

きっとファンも納得する事務所に所属しどうか二組が仲良くデビューできることを願っています!



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください