BTSグクのタトゥーの場所や模様がわかる画像は?ヘナやシールとの噂も!

BTSと言えば、韓国日本のみならずアジアを飛び出して世界中で人気のボーイズグループですよね!

BTSの中でも、歌もダンスもうまくて顔もかっこいい、黄金マンネと呼ばれるメンバーがジョングクです。

そんなジョングクですが、パフォーマンス以外のことで最近話題となりました。

それが、ジョングクのタトゥーです。

今回は、BTSジョングクのタトゥーの場所や模様が分かる画像、ヘナやシールとの噂について紹介します。


Sponsored Links



ジョングクのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

#2019BTSFESTA📍603 OPENING CEREMONY FAMILY PORTRAIT #1 #BTS #유포리아 #정국

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –

本名チョン・ジョングク
生年月日1997年9月1日
身長178cm
体重66kg
血液型A型
ポジションメインボーカル、サブラッパー、リードダンサー

韓国では、メンバーの中でも一番年下の人を「マンネ(韓国語で末っ子という意味)」と呼び注目することが多いですよね!

そんな注目されがちなマンネですが、ジョングクは歌もダンスもこなしビジュアルも良い黄金マンネと呼ばれ大変人気の高いメンバーです。

お顔立ちもとてもかっこいいのですが、可愛らしさが目立ちます。

目も鼻も口もすべて整っているのですが、目がくりくりとして丸く、ほっぺもまんまるでとても可愛らしく、うさぎに似ていると
言われる、マンネらしく可愛らしいのがジョングクです。

そんなジョングクですが、ここ数年筋トレにハマっているようで、SNSにもジムで筋トレをしているところをアップしたり、パフォーマンスの中で腹筋を魅せる振付があったりと、可愛らしいだけではなく、男らしいかっこよさも見せてくれています。

Sponsored Links

タトゥーの場所や模様がわかる画像やタトゥーはいつ入れたのか

この投稿をInstagramで見る

#방탄소년단 #BTS

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –

世界中で大人気のボーイズグループBTSの中でも黄金マンネと呼ばれ、人気メンバーの一人とされるジョングクのたとぅーの場所や模様がわかる画像を調査してきました。

また、グクはいつタトゥーを入れたのでしょうか?

それでは紹介していきましょう!

タトゥーの場所や模様がわかる画像

グクがタトゥーを入れているのは、右手の甲と指、右腕の肘から下が確認されています。

まず、右手の甲と指ですが、ARMYのアルファベットの文字が書かれていますね。

ARMYは、BTSのファンの名前です。

そして、指には王冠のマーク、ウインクをしている絵文字のようなマーク、ジョングクのイニシャルである「J」、手の甲には、ハートマークやBTSのロゴなどが書かれています。

腕には、人差し指と薬指だけをまっすぐ伸ばし、それ以外の指は曲げた手の骨のようなものと、日本語で「情熱をなくして生きるより死んだほうがマシだ」という意味の英文、腕の内側には、ユリの花が書かれています。

まず、驚いたのが手の甲に書かれた「ARMY」です。

韓国のアイドルでもタトゥーを入れている人は多いのですが、ファンネームを入れている人は聞いたことがありません。

また、BTSのロゴを入れていたりと、ファンやメンバーを想ってジョングクがタトゥーを入れたことが分かります。

タトゥーはいつ入れたのか

2019年9月9日頃だと言われています。

その頃、BTSは長い期間行われたワールドツアーを終えて長期休暇に入っており、その最中でした。

長期休暇と言っても、大スターである彼らは写真を撮られることも少なくなく、ジョングクがタトゥーを入れたとあってすぐに話題になりました。

Sponsored Links

ヘナやシールとの噂

この投稿をInstagramで見る

#BTS #YOU_NEVER_WALK_ALONE Concept Photo 2

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –

最初の頃は、タトゥーが薄くなっているように見えたりしてヘナタトゥーなのではないのかという噂がありました。

また、以前ジョングクがタトゥーを入れたいと話した際に、メンバーであるシュガが反対していたこともあり、タトゥーシールではないかという噂も出ました。

様々な憶測が飛び交う中、半年以上が過ぎましたがタトゥーは今も残っているようです。

そのため、タトゥーは本物なのではないかという風に考えているファンが多くいます。

しかし、最近ではタトゥーを隠すような衣装だったり、タトゥーが入っている部分に肌色のシールを貼ったりと、ジョングクのタトゥーを見ることが少なくなってしまいました。

また、ジョングク本人からもタトゥーについては話していないので真相は分かりませんが、半年以上残っているタトゥーがヘナやシールという可能性は低いでしょう。

Sponsored Links

まとめ

今回はBTSのジョングクのタトゥーについて紹介してきましたがいかがでしたか?

タトゥーは、右腕、右手の甲と指に入っていました。

ARMYなどのファンネームやイニシャル、ユリの花など様々なタトゥーが刻まれています。

最近では、タトゥーを隠すようにしているようで真相は分かりませんが、タトゥーが半年以上残っている様子を見るとヘナやシールではなく本物である可能性が高いことが分かりました。

タトゥーに関しては様々な意見がありますが、これまでファンを楽しませてくれたジョングクが選択したことですしこれからも変わらず応援したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください