イスンギと少女時代ユナとの熱愛はまだ継続中?結婚観や恋愛観も気になる!

2014年の1月1日に大ニュースがありました。

それは、イスンギと少女時代のメンバーであるユナが交際しているという熱愛報道でした。

当時、2人の熱愛報道にはたくさんのファンが注目しましたね。

ですが、その後イスンギとユナは破局したという報道がありました。

今回はイスンギと少女時代ユナの熱愛はまだ継続しているのかについて紹介していきます。

また、2人の結婚観や恋愛観についても紹介していきます。

イスンギと少女時代ユナの熱愛はまだ継続中?

イスンギとユナは2013年の10月から交際を始め、2014年の1月1日に交際していることを認めました。

当時は韓国国内でも話題となり、日本の韓流ファンにとっても驚きのニュースでした。

ですが、残念ながら2015年の13日に2人は破局したと報道されました。

ユナが所属しているSMエンターテイメントからも2人が破局し良き同僚に戻ったとの発表がありました。

破局した理由は「忙しさ」が原因だったとのことです。

芸能活動で多忙な2人は徐々に会う機会が少なくなり、自然に別れる結末となってしまいました。

その後の2人は何も騒がれることもなく「復縁した」という報道も出ていません。

そのため、イスンギとユナの関係は完全に終わってしまったのではないでしょうか。

イスンギとユナの結婚観

イスンギの結婚観

2012年のあるインタビューでイスンギは30代で結婚したいと発言しており、「相手が芸能人である可能性もあるが、それよりも一般人と結婚する可能性の方が高いと思う。」と答えていました。

子供については、兄妹は多い方がいいからという理由で3人か4人ほしいと答えています。

この発言は2012年のインタビューであるため、おそらくユナと付き合う前の結婚観ですね。

また、イスンギは計画して行動する性格なため、イソジンという韓国の俳優はイスンギには「イスンギの計画を理解してくれる人がぴったりだ」とある番組で発言していて本人も認めています。

2019年に放送されたある番組では、イスンギが結婚とは「団体シーソー」と発言しており、結婚前はお互いのバランスだけを合わせればいいけど結婚して家族が増えたらそのバランスにも合わせていくことが必要になると真面目に答えていました。

ユナの結婚観

2019年のある番組でユナはおしどり夫婦として有名なイヒョリとイサンスンの夫婦と番組で共演する機会があり、良い影響を受けたと発言しました。また、結婚観が理想から現実に変わったと発言しています。

2010年の過去にも人生最大の目標は、ショーンとジョンヘヨン夫婦のように普通に結婚して愛されながら生活したいと発言しています。

そして、「野外結婚はしたくなくて質素な結婚式がしたい」と発言しています。

今までの発言をまとめると、ユナは芸能人らしい派手な結婚ではなく、普通の結婚を望んでいるということがよくわかります。

イスンギとユナの恋愛観

イスンギの恋愛観

イスンギは軍隊に入隊する前のインタビューで、恋愛観については「恋愛経験は多くないが積極的に関心を表現するタイプで告白は慎重に考えてからする。一言で表すと投資をあまりしない方だが、一度投資したらオールインするスタイル」と発言しています。

2018年のある番組では「前は具体的なタイプがあったけど、今ではそういった条件が少なくなった。今は話が合って安定感のある人がタイプ」と答えています。

軍隊を除隊し30代半ばになり、見た目よりも中身重視に変わっていたようです。

ユナの恋愛観

ユナは「穏やかで気が利き、男らしい見た目の男性がタイプ」とあるインタビュー記事で発言しています。

2013年にはある番組で「彼氏ができたら何がしたいか」と聞かれると、「平凡なデートがしたい。映画を見て一緒にご飯を食べてカフェに行って家まで送ってもらうことをしたい。」と発言していました。

一般人のように普通に恋愛をして普通に結婚したいというユナの願望が強く伝わってきますね。

まとめ

ここまでイスンギとユナの熱愛について紹介していましたがいかがでしたか?

芸能人として多忙であるために別れてしまった2人ですが、現在もそのままのようですね。

ですが、今後2人がまた復縁するチャンスもあるかもしれません。

別々のままでも2人には幸せになってほしいですね。

今後の2人の活動にも注目していきたいと思います。

Sponsored Links



人気韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください