X1解散に韓国や日本の反応は?なぜIZONEとの違いが出たのだろうか?

2019年8月、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE X 101」から、11人の男性アイドルグループ「X1」が誕生しました。

「プデュ」といえば、グループの活動が期間限定であることが特徴の1つです。X1には過去最長の5年という活動期間が設けられていました。

ところがそんな中、プデュの番組自体に、票数操作疑惑などの問題が発覚します。

X1は、それに巻き込まれるような形で活動休止に追い込まれてしまいました。そして、2020年に解散を発表。わずか6ヶ月という活動期間で幕を閉じることとなりました。

5年間活動するはずだったのに、6ヶ月で解散…その衝撃的なニュースは、当然韓国でも日本でも大きな話題となりました。

今回は、X1解散に対する、日本や韓国の反応を紹介します!

また、同じくプデュの問題により活動を休止していた女性アイドルグループIZ*ONEですが、こちらは活動再開が決定しています。

X1との違いは何だったのでしょうか?その違いについても調査しました!

Sponsored Links

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください