X1解散はMBK事務所の反対で決定したの?噂される理由をまとめてみる!

韓国の番組から生まれたX1という人気アイドルグループが突然の解散を発表しました。

様々な問題が出ていましたがまさか解散になるのはとても驚きましたね。

ファンも多かったグループなので残念だった人も多いと思います。

今回はなぜX1は解散したのかを調べていきたいと思います。

Sponsored Links

X1とは?

2019年5月から7月に放送されたPRODUCEX1O1で101人の中から選ばれた11人で結成されたグループです。

デビューアルバムは52万4007枚を売り上げ韓国の歴代新人アイドルグループ初週セールス1位を記録するほどの人気でした。

ですがデビュー後にPRODUCE1O1シリーズの投票操作が発覚し制作陣が逮捕されるほどまでに発展しました。

その後活動を一時休止をしました。

12月30日には活動再開の発表がされましたが1月6日に解散が決まりました。

Sponsored Links

解散発表コメント

こちらが解散発表時のコメントになります。

Play Mエンターテインメント、YUEHUAエンターテインメント、TOPメディア、OUIエンターテイメント、MBKエンターテイメント、Woollimエンターテイメント、DSPメディア、STARSHIPエンターテイメント、BRANDNEW MUSICです。

X1、各メンバーの所属事務所と全員の合意を原則として協議したが、合意に至らず、解散を決定したことをお伝えします。

Sponsored Links

なぜ解散したのか

X1はなぜ解散したのか関係者のコメントを見つけたので紹介します。

解散についてある関係者は

「CJENMの消極的な態度が原因なのに一部の事務所が自分たちの利益のために解散させたという雰囲気が出ているのが非常に残念だ。」

というようにコメントしているそうです。

他にも「最初協議を続けながら制作会社たちは完全体でなければ活動する意思はないという意見を持っていた。

これを説得するのはCJENMの役目だった。

そしてCJENMに整理してほしかった。

チャンネルを複数持っている巨大な会社であるCJENMの顔色を伺わない事務所はない。

だからずっと我々は我慢していたのだ。」というようにコメントしたそうです。

このようにCJENMに解散の原因があると言う事務所ですがファンの中では

「解散した原因は事務所にある。どの事務所が活動の反対をしたのか。」と詳細を求める声が多かったそうです。

これに対して事務所側は

「X1の活動を反対した事務所が3、4か所あるのは事実だが元々完全体でなければ活動する意味がないと皆が思っていた。

X1の活動が出来なくなった理由はCJENMにあり事務所だけが非難されるのは悔しい。」というようにコメントしました。

Sponsored Links

反対したのはMBK事務所だった?

事務所側が言った「反対した事務所が3、4か所あると言うのは事実」ということでどの事務所が反対をしたのか気になりますよね。

そこで今一番言われているのは「MBK事務所が反対をした。」ということです。

それはなぜかと言うと2020年1月6日に開催された会議によって解散が決まったということですが、解散について2人の謝罪動画を公開しました。

その2人と言うのがMBKに所属しているイハンギョルくんとナムドヒョンくんです。

しかしその動画の二人の服装や髪型、目撃情報などからその動画は2019年のクリスマス頃に撮られたのではないかと言われています。

本当にクリスマス頃に撮られていたとしたらMBK事務所はそのころから解散を知っていたということですよね。

他のメンバーの中には解散することを知らなかったというメンバーもいる中でMBK事務所だけはしっかりと準備されていたかのような感じですね。

PRODUCEX1O1でのMBK事務所のメンバーたちの最初のパフォーマンスを覚えていますか?

MBK事務所はT-ARAがいなくなって会社が危ない状況になりそれを救うために参加したというように言っていました。

MBKが本当に反対していたとしたらこのように会社を救おうとして頑張ってきた彼らは何だったのかと言う風に思います。

最後に

X1のみんなもPRODUCEX1O1で落ちてしまったみんなも本気でアイドルになりたくて頑張ってきたのにこのようになって本当に残念です。

解散してこれからどうなるのかはまだ分かりませんがみんなが楽しくパフォーマンスを出来る日が来ることを願っています。

しっかりとした詳細や事実を会社側も言ってほしいですね。

これからもメンバー全員を応援しています。

最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください