ハムウンジョンの性格や好きな男性のタイプは?噂になった元カレ情報も!

ハム・ウンジョンさんは韓国の人気アイドルグループT‐ARAのメンバーで、女優としての評価も高いカリスマ的存在で有名です。

デビュー当時はロングヘアでしたが、ばっさりとショートカットになりトレードマークとされていましたが、また髪を伸ばし女性らしさが染み出ています。

どちらも似合う女性って綺麗ですよね!

かっこいい見た目とキレキレのダンスに、歌のセンスまでが完璧で子役時代から培われた演技力や協調性が彼女をトップスターへの道を広げたと思われますが、そんな彼女の性格や男性のタイプ、元カレの噂にまで紹介していきます。


Sponsored Links



ハムウンジョンの経歴や性格

プロフィール

名前ハム・ウンジョン
出身大韓民国ソウル特別市
生年月日1988年12月12日
身長168㎝
体重47㎏
所属グループT‐ARA

経歴

ハム・ウンジョンさんは7歳の時に「むくげかわいい子供選抜大会」で入賞して芸能界に入りました。

当時は色んなドラマなどに子役として出演しましたが2009年にT‐ARAとしてデビューし、それと女優活動を並行することでやっと知名度を獲得することができました。

T‐ARAでは初代リーダーを務め、リードボーカル・メインダンサーで人気を集めグループでは歌謡界のカメレオンと呼ばれるようになりました。

現在T‐ARAはメンバーそれぞれが別の事務所に所属し個人活動に力を入れているため、グループでの活動はほとんどありませんがメンバーとの連絡もマメに取り、またT‐ARAで活動できることを願っているそうです。


性格

チームをまとめる力がありメンバーや元カレにも連絡はちゃんとするようなマメ気質で、愛嬌があるかわいらしい性格のため人にとても好かれます。

さばさばしているのにおっとりしている性格と言われていて、メンバーでも怒ったとこは見たことがないそうです。

普段はそんなかわいらしい性格をしているのに、曲がかかると全く違ったかっこいい姿が見れるのでそのギャップでファンの方を魅了しています。

ご自身ではポジティブで単純、きれい好きだと話していて整理しても何度もやり直し気が済むまで終わらない片付けにメンバーは理解できないほどだそうです。

Sponsored Links

元カレや噂になったのは誰か?好きなタイプは?

元カレや今の彼氏は?

2011年にバラエティ番組に出演したときにデビュー前の2009年まで一般大学生と付き合っていて「彼氏が起こるたびに、ダンスを踊った」や「付き合っていた彼氏の両親にプレゼントを贈った」、「スケジュールが忙しく一分だけしか会えなくて一分だけあって別れた」などというエピソードも話しています。

今はどうかわかりませんがこの番組では別れてからもその両親とは連絡を取ることがあると言っていました。

それほど相手の家族に溶け込み、相手の男性を大事にしていたことがわかりますね。

そしてイジャンウさんとも熱愛の噂が立ちましたが、2012年に「私たち結婚しました」で夫婦役を演じたことから本当に付き合っているのではないか?というファンの憶測でできた話でした。


なのでこのお二人の恋愛の事実はありませんでした。

現在公表や噂されている相手はおらず、2019年では恋愛を前向きに取り組んでいきたいと話していました。

好きな男性のタイプ

好きな男性のタイプは2015年のインタビューで「理想は年齢によって変わる」と言っていて、この当時のタイプは「年をとるごとに自分が引き受けた仕事に責任を持ち、落ち着いて処理し、情熱のある人が良くなった」と述べています。

最近のインタビューでは「国籍を問わず魅力のある人なら関係ない。心が通じれば可能だと思う」と答えていました。

過去には「パク・へイル、チョ・スンウ、ミン・ギュンテ、ユジテ」さんらがタイプの男性として名ををあげています。

Sponsored Links

まとめ

子役時代から芸能界で努力を惜しまず続けた結果、トップスターになったことでおっとりした性格の反面、彼女の人一倍の意思の強さが見られるな、と思います。

現在は女優のお仕事で引っ張りだこで、恋愛どころではないかもしれませんがご本人は前向きに恋愛について考えているので、うれしい報告があるといいですよね!

これからもアイドル・女優として一躍を期待しています。

Sponsored Links



人気韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください