ヒチョンのケミ(仲良い)は優心or川西のどっち?豆っちを呼ぶ発音と話し方が可愛い!

上位11人の中でも、韓国人の練習生の存在が気になりますよね。

特にキムヒチョンの人気は半端ありません。

長身イケメン、日本語ペラペラで面白い部分も持ってる。

強いキャラクターだと思います。

今回はそんなヒチョンのケミは宮島優心なのか?川西拓実なのかを調べてみたいと思います。

Sponsored Links

ヒチョンプロフィール

名前 キムヒチョン(김희천)
出身 韓国
生年月日 1994年9月 2日
身長 186㎝
体重 60㎏
血液型 B型

練習生の中に決して紛れることがないキムヒチョン。

それもそのはず、身長が186㎝と恐らく練習生の中で1番身長が高いかと思います。

多くの練習生が、ヒチョンに抱き着く姿がよく見られますよね。

他の練習生は、初めて女子の気持ちがわかるんじゃないでしょうか?

Sponsored Links

ヒチョンのケミは優心or川西のどっち?

「ケミ」ってご存じですか?

ケミって?

韓国語で「케미(ケミ)」とは、元々「케미칼:ケミカル(化学)」の略語で、そこから“化学反応”という意味をもって

「人と人が出会い化学反応が起こる」という意味が含まれているようです。

このプデュにおいて練習生同士の仲の良さや、あそこのカップルいいね!

というように相性がいいカップルのことを「ケミ」がいいというんですよ!

ヒチョンは比較的どの練習生でも、相性がいいような気がしますが

特に上げれるのが、宮島優心と川西拓実です。

優心or川西のどっち?

実は宮島優心くんは、ヒチョンのワンピックだったと

Aクラスに来た時に暴露していましたよね?

かなり気になる存在なんだとおもいます。

まさに自分も国プのように、推したい練習生がいるとか面白すぎます。

川西拓実くんは、ポジション評価のダンスで同じ班になりました。

ダンスの素質はありますが、ダンスに関しては

まだまだ初心者で、振り付けをかなり体にいれこまないとできないようなんです。

それをヒチョンが丁寧に教えていたのが印象的でした。

見方によっては、彼氏に遊ばれてる彼女にも見えなくもない。

しかも、川西拓実くんからヒチョンへのバックハグ。

これは、川西拓実くんの一途な思いのような気もします。

しかし元野球部だし硬派な感じの川西拓実くんなので

努力の仕方がヒチョンからしてみると、一緒に頑張りたいと思うんでしょうね。

どちらの練習生との「ケミ」がいいかは、まだわかりませんが

ヒチョンならどの練習生ともうまくやっていけるんじゃないでしょうか?

Sponsored Links

豆っちを呼ぶ発音と話し方が可愛い!

お豆の発音になってしまうヒチョンくん。

この発音よりも何よりも、この日本の雰囲気に馴染んでいるヒチョンの対応力に驚きましたけどね。

すぐさまニックネームで呼びあう感じとか

豆原くんに選んでもらったけど、さすが経験値の高さから

すぐにグループを引っ張るヒチョン。

この2人もまたケミがいいのかもしれません。

食べ物の豆と同じだから、食べ物の発音になるのも可愛すぎますね。

にしても豆原くんが最年少には見えない貫禄をもちあわせてる

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ヒチョンのケミは優心or川西のどっちなのか調べてみました。

まだどちらもケミができている状態ではないかな?

どちらかというと、一緒の班だった川西拓実君かと思います。

韓国人ならではの「豆」の発音がカワイイですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください