東郷と小山は遅刻の態度で地雷認定?遅れた理由や擁護派・否定派をまとめてみた!

およそ3時間の放送があったプロデュース101JAPAN

韓国版よりもかなりの編集の粗さのような気がします。

もうちょっと細やかな編集してほしいなという感じ。

練習風景ももうちょっと時間を割って、2回に分ければよかったのに

その中でも、BTSのDNAチームに遅刻していきたメンバーが!

東郷と小山は遅刻の態度で地雷認定しちゃった?

真相はどうなのでしょうか?

Sponsored Links

東郷 良樹プロフィール

名前 とうごうよしき
出身 宮崎県
生年月日 1995年6月6日(24歳)
身長 173㎝
体重 60㎏
血液型 O型

K-POPが好きで、この機会を逃したくない!という東郷くん

人と同じことをすることが嫌いだと

レベル分けクラスの時に、着物を着てきた練習生です。

目立つことが好きなんでしょうね。

Sponsored Links

東郷と小山は遅刻と態度で地雷認定?

クラス分けも終了し、早速ポジション評価に入った練習生たち。

課題曲は全部で9曲でボーカル、ラップ、ダンスと分かれていたように思います。

自分のやりたい曲を選びたい練習生ですが

ここは、韓国版と同じようにクラスのレベルが高いAクラスから

順に選んでいくことになりました!

特にAクラスはダンスメインの練習生が多いのと

プデュが韓国からきていることもあって

ダンス曲の2曲に人気が集まったと思います。

BTSのDNA班は2組に分かれてパフォーマンスを行うんですが

班のメンバーを分けるのには、1番最初にその曲を選択した練習生に権利があって

現在人気投1位の豆原くんが最初に選んだのが東郷くんだったんです。

これに喜んで抱き着く東郷くんという

素晴らしく絵でもありましたね。

あとは、K-POPということで韓国人練習生を選択したのは賢い選択だったと思います。

かなり短い期間での練習だったみたいですが

その中で、練習時間に遅れてきたのが、東郷くんと小山君。

周りのグループは練習を初めているのに、自分たちだけできないもどかしさと

イライラが募っているを感じられました。

しかも、東郷くんはリーダー決めの時に、自ら立候補してリーダーになったので

同じグループのヒチョン「何を考えてるかわからない」と怒り状態。

まぁ年齢のこともあるので、年下の豆原くんは表情を暗くするくらいでした。

遅刻してきたそうそう、入ってきても焦る様子もなく

走って駆け寄る様子もなく、軽く謝るくらいの態度。

人生かけて韓国から日本に挑戦しにきてる気持ちをぶつけるヒチョン。

あと個人的に黒マスクっとった方がいいんじゃない?という気持ちに。

小山くんなんて一言も発してなかったような。

何が原因で遅刻したのか語られていない為、よくわかりませんが

雰囲気が悪くなったのはあると思います。

この出来事で、リーダーはヒチョンに交代。

Sponsored Links

遅れた理由や擁護派・否定派をまとめてみた

東郷くんの遅刻は決して良くないことだと思います。

しかし韓国の放送でもあるように、編集によって悪いように見せられてるんじゃないかという

意見もあるみたいです。

本放送では、なぜ遅刻したのかという理由は明かされていないため

悪魔の編集じゃない?と言われてるみたいですね。

しかし遅れてきた時間が1時間半ということや

遅れてきた人の態度じゃないと否定派の意見がほとんどのようです。

K-POPが好きなら韓国のプデュも見てると思うんですけど

そんな生半可な気持ちで臨んで、国プの気持ちを掴めるのかと

せめて言い訳でもいいから、何か発するとか、丁寧に謝るとかできたんじゃないかなと感じてしまいました。

今後どうなっていくのかわかりませんが、順位はかなり落としそうですね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、東郷と小山は遅刻と態度で地雷認定されたのか調べてみました!

これは難しいですが、あの態度を見ちゃうと地雷だと思う人がいるのが当然かと思います。

特にグループでやる評価なので、他のメンバーに迷惑かけちゃダメですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!



SNSで記事を共有しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください